諺/ことわざ

ことわざの意味

ことわざとは、から人々の間で言い習わされてきた、風刺・教訓・知識・興趣などを含む言葉。独特の定型と背景になる説話をもち、形式的にも内容的にもの記憶にとどまるような言語芸術。

ことわざの由来・語源

ことわざは、本来「言(こと)+業(わざ)」で、言語の技術や言葉の活用をさし、何かの行いを実現させる力を持つ特別な言葉や、実現した行いに根拠や意味を与えるような言葉を意味していた。
この意味においては「なぞなぞ」もことわざのひとつで、「唱えごと」はことわざの最も古い形である。
ことわざの漢字「諺」は、「彦」に「くっきりとした」の意味があることから、「言」+「彦」で「すっきりと形よく言いきった言葉」「形よく道理がたった言葉」という意味になる。

「ことわざ」の類語・言い換え

1

2

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。