エテ公/猿公/えてこう

エテ公の意味

エテ公とは、猿を擬人化した言い方。

エテ公の語源・由来

エテ公の「エテ」は、「サル(猿)」の音が「去る」に通ずるのを忌み、反対の意味となる「得る」を用いたもので、手に入れる意味の「得手(えて)」という。

また「得手」には、最も得意なことの意味もある。
それは他の者に「優る・勝る(まさる)」ことに通じ、「真猿(まさる)」と掛けた洒落であったともいわれる。

エテ公の「公(こう)」は、擬人化して親しみの気持ちを表す語。
同じように擬人化したのが、「吉」を用いた「エテ吉(えてきち)」である。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。