猫に小判/ねこにこばん

意味

猫に小判とは、いくら値打ちのあるものでも、価値のわからない者に与えるのは無駄であることのたとえ。また、効果や反応がないことのたとえ。

猫に小判の語源・由来

猫に小判は、人間にとっては貴重な小判であっても、にはその価値がわからないことから生まれたことわざ
猫が選ばれた理由は、身近な動物であったこと以外にないが、と比較するならば飼い主の言うことを聞かない点が挙げられる。
類句に「犬に論語」もあるが、こちらは説いて聞かせても無駄という意味で、単純に価値が分かりやすい小判を与えるのとは違う。
あくまでも、なぜ猫が選ばれたかを説明するために犬と比較しただけのであり、「猫に小判」ということわざが生まれる過程で、犬と猫が比較されたという訳ではない。

猫に小判の類語・言い換え

猫の前に小判/犬に小判/猫に石仏/猫に胡桃を預ける/豚に真珠/犬に念仏猫に経/豚に念仏猫に経/犬に論語/牛に経文/馬に経文/馬の耳に念仏/兎に祭文/牛に対して琴を弾ず/牛に説法馬に銭/馬耳東風/呼牛呼馬/対牛弾琴/対驢撫琴/馬の耳に風/竹馬の耳に北風/牛に麝香/甲斐がない

TOP