馬耳東風/ばじとうふう

意味

馬耳東風とは、他人の忠告や評判を聞き流し、にも留めず知らん顔をしていること。

馬耳東風の語源・由来

馬耳東風の「東風」は、から吹く暖かいで「春風」の意味。
馬耳東風の「馬耳」は、文字通り「馬の耳」のこと。
つまり、馬耳東風は、は春風(東風)が吹けば寒いが去って暖かくなると思い喜ぶが、は耳をなでる春風に何も感じないという意味である。
そこから、他人の意見を聞き入れず、心に留めようともしないことのたとえとなった。
馬耳東風の出典は、李白の『答王十二寒夜独有懐』にある「世人之を聞けば皆頭を掉り、東風の馬耳を射るが如き有り(世の人達はを振って聞き入れない。まるで春風が馬の耳に吹くようなものである)」という詩による。

馬耳東風の類語・言い換え

呼牛呼馬/対牛弾琴/対驢撫琴/馬の耳に風/竹馬の耳に北風/馬の耳に念仏/馬に経文/犬に論語/犬に念仏猫に経/豚に念仏猫に経/兎に祭文/牛に経文/牛に説法馬に銭/牛に対して琴を弾ず/柳に風/猫に石仏/猫に胡桃を預ける/暖簾に腕押し/蛙の面に水/猫に小判/犬に小判/豚に真珠/牛に麝香/どこ吹く風/意に介さない/聞き流す/いい加減に聞く/適当に聞く/まともに聞かない/聞かない/耳を塞ぐ/耳を貸さない/受け流す/シカト/無視/スルー/知らんぷり/知らんふり/知らん顔/知らぬ顔/相手にしない/真剣に受け止めない/真摯に受け止めない/気に留めない/気にしない/何を言われても平気/我関せず/我関せず焉/三猿主義

関連リンク

TOP