焼きもち/焼き餅/やきもち

    意味

    やきもちとは、嫉妬。ねたみ。「やきもちを焼く」「やきもち焼き」などと使われる。

    やきもちの語源・由来

    やきもちは、嫉妬することを「妬く(やく)」と言うことから、「焼く」に掛けて、洒落で「」が添えられた語。
    「妬く」と「気持ち」から「妬く気持ち」となり、「焼きもち」になったともいわれる。
    嫉妬した時の膨れっ面と、焼いた餅の膨れる姿が似ていることから、「焼き餅」になったとする説もあるが、こちらは後から付け加えられた説と考えられている。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。