掛け替えのない/かけがえのない

意味

かけがえのないとは、無くなったら、他に代わりとなるものがない。このうえなく大切な。かけがえない。

かけがえのないの語源・由来

「掛け替え(かけがえ)」は「かけかえ」とも言い、「いざという時に代わりとなるもの」「予備として用意しておく同種のもの」を意味する。
それが無いのであるから、「この上なく大切な」という意味で、「かけがえのない」や「かけがえない」などと用いられる。
掛け替えの語源は、弓の弦を指す言葉とする説もあるが、衣服やなども「掛ける」と言うことから、特定の物を指した言葉ではないとも考えられ、語源は未詳である。
弓をひく際に用いる皮製の手袋を「鞣(かけ)」と言い、弓道では弓以上に大切なものとされているため、「鞣替え(かけがえ)」が転じ「掛け替え」になったとも言われる。
しかし、用例は見られないため、弓の弦の説に後付けされたものであろう。


TOP