ヒガンザクラ/彼岸桜/ひがんざくら

意味

彼岸桜とは、バラ科の落葉高木。サクラ類中最も寿命が長く、大木となる。

彼岸桜の由来・語源

花期が早く、他のよりも早く開花する。
その開花時期が、彼岸の頃になるため、「彼岸桜」と命名された。
彼岸桜は「小彼岸桜(コヒガンザクラ)」とも呼ばれ、接頭語の「小」は「小さい」という意味。
それ対して、「大彼岸桜」と呼ばれる彼岸桜もある。


TOP