鹿威し/ししおどし

ししおどしの意味

ししおどしとは、筒にを引き入れ、溜まった水の重みで筒が反転して水が流れ、元に戻るときにを打ってを出すようにした装置。添水(そうず)。

ししおどしの由来・語源

ししおどしは、元々、田畑を荒らすシカイノシシなどを脅すための装置全般を言い、「かかし」や「鳴子」なども「ししおどし」の一種である。
その中でも特に、竹筒に水を引き入れて音を出す「添水」を指したことから、「ししおどし」といえば「添水」を表すようになった。
上記のとおり、ししおどしは鳥獣を音で脅すためのものであったが、音が風流なことから日本庭園などに設けられるようになった。

ししおどしを漢字で「獅子脅し(獅子威し)」と書かれることもあるが、ライオンが田畑に来ることなど想定していないため、明らかに間違いである。
「けもの」を表す「しし」の漢字には「獣」「猪」「鹿」があるが、「しかおどし」の別名もあるため、普通は「鹿威し」と書く

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。