チンゲン菜/青梗菜/チンゲンサイ

意味

チンゲン菜とは、アブラナ科の中国野菜。硬い部分を除いて、スープや炒め物料理に用いられる。

チンゲン菜の由来・語源

チンゲン菜は、「青梗菜」を中国語読みした「チンゴンツァイ」に由来する。
「青梗」は茎がの意味で、茎がいものは「パクチョイ(白菜)」と呼ばれる。
1972年9月29日の日中国交正常化以降、チンゲン菜は日本でも栽培されるようになった。
1980年代に入ると急速に普及し、日本で最も栽培される中国野菜となった。

【関連リンク】
チンゲン菜の栄養・効能や旬など、チンゲン菜の基礎知識


TOP