香川県/かがわけん

意味

香川県とは、四国地方北東部に位置する県。県庁所在地は高松市。成立は明治4年。

香川県の語源・由来

香川の地名は、「香河郡」として奈良時代から見られる。
地名の由来には、「かが川」の転で「かが」は平坦な草地を意味するという説。
古来より雨量が少なく、夏期に枯れする河川が多かったことから、「かれかわ(枯川)」が転じて「かがわ」になったとする説。
郡には樺の古木がが河川に落ち、郡中がその香りに満ちていたことから、「香川」になったとする説。
「香」は温泉の臭気のことで、「川」はその温泉を指している説など多くある。
「香河郡」の例から、音変化後に「香川」という字が当てられたのではなく、「香る川」の意味のままでと考えられることから、樺の木の説か温泉の臭気の説が妥当である。

香川県の別名・類語

うどん

香川県のシンボル

県のオリーブ
県のオリーブ
県のホトトギス
県の:ハマチ
県のシカ

香川県の市町名

高松市/丸亀市/坂出市/善通寺市/観音寺市/さぬき市/東かがわ市/三豊市/土庄町/小豆島町/三木町/直島町/宇多津町/綾川町/琴平町/多度津町/まんのう町

TOP