オリーブ/olive

    意味

    オリーブとは、モクセイ科の常緑小高木。日本では香川県小豆島などで栽培。

    オリーブの由来・語源

    オリーブは、英語「olive」からの外来語。
    フランス語は「olive(オリーヴ)」、ドイツ語は「Olive(オリーヴェ)」で、全て同源である。
    オリーブの語源となる語は、ギリシャ語「elaifa」やラテン語「oliva」であるが、それ以前は不明で、別の言語から拝借したものと思われる。

    オリーブの果実の未熟なものはピクルスにし、熟したからをとる。
    オリーブの枝葉は平和の象徴とされ、国連旗のデザインにも使用されている。
    また、古代オリンピックでは、勝者にクレタ島のオリーブの冠が与えられていた。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。