霜/しも

    意味

    霜とは、冷却した地面や地上の物体の表面に空気中の水蒸気が昇華し、の結晶として凝結したもの。

    霜の由来・語源

    霜の語源には、しも(下)にあるところからとする説。
    がしぼむところから、「しぼむ(萎む)」の意味。
    「しみ(凍み)」に通じる語。
    「し」が「」、「も」が「寒い」もしくは「毛(もう)」の意味など諸説あるが、正確な語源は分かっていない。

    漢字の「霜」は、「」+音符「相」からなる会意兼形声文字。
    「相」には「別々に並ぶ」「縦に向かい合う」の意味があり、霜柱が縦に並び立つところから作られた。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。