ト書き/とがき

意味

ト書きとは、脚本セリフの間に、俳優の演技、照明・音楽・効果などの演出を書き入れたもの。

ト書きの由来・語源

ト書きは、江戸時代の歌舞伎で、現在の脚本にあたる「台帳」と呼ばれるに、セリフや舞台装置以外の説明として、俳優の動きや演出が書かれたものであった。
その記入の仕方が「ト両人歩み寄り」や「ト悲しき思入れ」など、「ト」で始まる形であったことから「ト書き」と呼ばれるようになった。
演出が「ト」で書き始められた理由は、「◯◯するとそこへ◯◯が現れ」などの「と」を簡略に表現したためである。

「ト書き」の類語・言い換え

1

2

TOP