韋駄天/いだてん

韋駄天の意味

韋駄天とは、の速いのたとえ。

韋駄天の由来・語源

韋駄天は、元ヒンドゥー教のスカンダが仏教に取り入れられ、仏法の守護神となったもののこと。
捷疾鬼(しょうしつき)が仏舎利を盗んで逃げた際、韋駄天が追いかけて取り戻したという俗信から、韋駄天は足の速い神とされた。
そこから、足の速い人を「韋駄天」と喩え、非常に速く走ることを「韋駄天走り」と言うようになった。

韋駄天像

韋駄天像

1

2

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。