夜這い/よばい

    意味

    夜這いとは、夜、の寝床に忍んで行くこと。

    夜這いの由来・語源

    よばいは、動詞「呼ばふ」の連用形「呼ばひ」が名詞化した語で、「夜這い」と書くのは当て字。
    上代から見られる語で、本来、男性が女性のもとに通い、求婚の呼びかけをすることを「よばい」と言った。
    「よばい」には「夜」のイメージがあったようで、早い時代から「夜這い」の字が当てられている。
    「夜這い」が定着して以降、求婚の呼びかけの意味は忘れられ、男が女の寝床に忍び込む意味として用いられるようになった。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。