一目置く/いちもくおく

意味

一目置くとは、自分より能力が優れたに対し敬意を払うこと。

一目置くの語源・由来

一目置くは囲碁から生まれた言葉で、一目は一個の碁石を意味する。
囲碁ではハンディとして、弱い方が先にを一目置いてから対局を始める。
そこから、相手の実力を認め敬意を払う意味となった。
一目置くの強調した言い方には、「一目も二目も置く」がある。

一目置くの類語・言い換え

一目も二目も置く/高く買う/価値を認める/リスペクトする/評価する/認める/目する/買う/感服する/尊敬する/敬意を払う/敬意を表する/兄事する/脱帽する/ライバル視する/油断できない/侮れない/隅に置けない

TOP
テキストのコピーはできません。