自分/じぶん

意味

自分とは、その自身。

自分の語源・由来

自分の「分」は、本来備わっている性質を意味する「本分」の「分」で、「自分」は自らの力量をさす語であったが、古くから「私自身」を意味する言葉としても用いられた。
最も古い「自分」の一人称の用法は、827年の『経国集』で、反射代名詞の用法は中世頃からである。
関西では「私」を意味する一人称でも、「あなた」を意味する二人称でも「自分」が用いられる。

自分の類語・言い換え

反射代名詞と一人称の自分

自身/自分自身/自己//あたし/あたくし/あたい/わだす/わし/あっし/わっち/わちき/あちき/わい/わて/あて/僕/おいら/俺っち/おら/おらあ/おらっち/俺様/おいどん/me/我/己/手前/当方/身共/うち/吾輩/余/麻呂/麿/わらわ/拙者/小生/小子/老生/不肖/それがし/こちとら/吾人/やつがれ/あれ/迂生/迂拙/迂叟/うら/俺共/朕/寡人/我が身

二人称の自分

ご自分/御分/我/わい/あなた/あんた/貴方様/君/お前/己/てめえ/おめえ/おめえっち/おまえさん/お前様/お手前/貴様/おどれ/おまはん/おみゃあ/you/お宅//汝人/なれ/いまし/まし/みまし/おぬし/ぬし/主様/主殿/にし/うぬ/うれ/我主/そなた/そち/其の方/そちら/そこ/そこもと/其の許/其様/其れ様/其文字/我文字/吾が身/吾君/吾が君/吾子/吾兄/敵様/我君/我男/我女/我女房/我御許/我が身/我御前/我丈/我先生/我人/我様/わり様/我郎/己様/おのさん/あれさま/ありさま/あれ/あれに/此れ様/方様/御方様/御方/我殿/御事/御身/御身様/我上﨟/此方/此方様/彼/貴下/貴君/貴方/尊君/貴兄/仁兄/賢兄/大兄/兄/貴官/貴公/公/貴殿/貴辺/御辺/足下/尊公/貴台/賢台/尊台/高台/老台/尊堂/貴女/貴嬢/貴姉/貴丈/貴職/きんじ/くそ/我御料/卿/こなん/こんた/しゃ/小子/御内/みこと/我尊/真人

TOP