道具/どうぐ

意味

道具とは、物を作ったり、仕事をはかどらせるために用いる種々の用具。日常使う身の回りの品々。他人に利用される

道具の由来・語源

道具は「仏道の具」のことで、仏道修業のための三衣一鉢などの六物、十八物、百一物といった必要品や、密教で修法に用いる法具を指した。
そこから、武家では槍やなどの武具を「道具」と言うようになり、芝居などでは「大道具」「小道具」、一般には物を作ったりするための用具などを指すようになった。
他人に利用される人の意味で「道具」が使用された例は、江戸時代から見られる。

「道具」の類語・言い換え

1

2
TOP