醍醐味/だいごみ

意味

醍醐味とは、物事の本当の面白さ。深い味わい。真髄

醍醐味の語源・由来

醍醐味は元仏教語で、「醍醐」とはの乳を精製した濃厚で甘みのある液汁のことである。
仏教では、乳を精製する過程の五段階を「五味」と言い、「乳(にゅう)」「酪(らく)」「生酥(しようそ)」「熟酥(じゅくそ)」の順に上質で美味なものとなり、最後の「醍醐」で最上の味を持つ乳製品が得られるとされた。
醍醐は純粋で最高の味であるところから、「醍醐のような最上の教え」として仏陀の教法にたとえられた。
天台宗では、「華厳時(けごんじ)」「阿含時(あごんじ)」「方等時(ほうどうじ)」「般若時(はんにゃじ)」「法華涅槃時(ほっけねはんじ)」とある五時経の「法華涅槃時」を最上の仏法として、「醍醐味」と呼ぶようになった。
そこから転じ、醍醐味は「本当の面白さ」や「真髄」を意味するようになった。


TOP