イノシシ/猪/いのしし

イノシシの意味

イノシシとは、ウシ目イノシシ科の動物で、ブタの原種。体長約1.5メートル。は山鯨・牡丹と称し食用とされる。しし。い。いのこ。

イノシシの由来・語源

イノシシは、「猪(い)の獣(しし)」という意味から。
「い」は鳴き声を表した擬声語で、「ウィ」と発音し、古くは単に「ヰ(ゐ)」と呼ばれた。
現在でも、干支を表す際には「)」と言う。
「しし」は元々「肉」という意味であったが、転じて「食用にする」となり、さらに「獣一般」を指すようになった語なので、「ウィ」と鳴く食用動物で「ウィのしし」がイノシシの語源である。
漢字の「猪」は、中国語では一般的に「ブタ」を表し、イノシシは「野猪」と表記される。
幼いイノシシにはシマウリに似た縦斑があるため、子供のイノシシは「瓜坊(ウリボー)」と呼ばれる。

「イノシシ」の別名・種類

1

2

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。