チョウ/蝶/ちょう

意味

蝶とは、鱗翅目のうち慣例的に分類される以外の昆虫の総称。

蝶の語源・由来

チョウの名は、漢字「蝶」の字音に由来する。
日本古来の呼称は「カハラビコ(カハラヒコ)」であったが、平安時代には「テフ(チョウの歴史的仮名)」と呼ばれていた。
」には「薄くてひらひらするもの」の意味があり、漢字の「蝶」は「が薄くひらひら飛ぶ虫」を表したものと考えらえている。

蝶の別名・類語

ちょうちょ/ちょうちょう/胡蝶/夢虫/かわひらこ/かわびらこ/バタフライ/パピヨン/てこな/てがら/てんがらこ/

蝶の種類

アオスジアゲハ/アオタテハモドキ/アカシジミ/アカタテハ/アサギマダラ/イシガケチョウ/イチモンジセセリ/ウスキシロチョウ/ウスタビガ/ウスバシロチョウ/ ウラギンシジミ/ウラギンヒョウモン/オオウラギンスジヒョウモン/オオゴマダラ/オオスカシバ/オオムラサキ/カバタテハ/カバマダラ/カラスアゲハ/キアゲハ/キタキチョウ/ギフチョウ/クロアゲハ/ゴイシシジミ/コノハチョウ/コムラサキ/サカハチチョウ/ジャコウアゲハ/ジョウザンミドリシジミ/シロオビアゲハ/セスジスズメ/ツバメシジミ/ツマグロヒョウモン/ツマベニチョウ/ツマムラサキマダラ/テングチョウ/ナガサキアゲハ/ナミアゲハ/ナミエシロチョウ/ヒカゲチョウ/ヒメアカタテハ/ベニシジミ/ミズイロオナガシジミ/ミドリヒョウモン/ミヤマカラスアゲハ/モンシロチョウ/モンキチョウ/ヤマトシジミ/リュウキュウアサギマダラ/ルリタテハ

TOP