ヤツメウナギ/八目鰻/やつめうなぎ

意味

ヤツメウナギとは、ヤツメウナギ目に属する動物の総称。円口類の一種。ビタミンAを多く含み、夜盲症のとして古くから用いられた。

ヤツメウナギの由来・語源

ヤツメウナギの「ヤツメ」は、の後方から七つの鰓孔(さいこう・えらあな)が並んでいて、本来の目と合わせると、目が八つあるように見えることに由来する。
ドイツ語では、鼻の穴を含めた数から「Neunauge(九つの目)」と言う。
ヤツメウナギはが細長く、「うなぎ」に似ているためこの名があるが、うなぎとは種が異なる。
また、多くの場合「」に分類され、当サイトでも便宜上「魚類」に含めているが、ヤツメウナギは狭義には魚類ではなく、原始的な脊椎動物である。

「ヤツメウナギ」の別名・種類

1

2

TOP