金平牛蒡/きんぴらごぼう

意味

きんぴらごぼうとは、ささがき、またはせん切りにしたごぼうで炒め、砂糖・醤油で煮て、唐辛子で辛味をきかせた料理

きんぴらごぼうの由来・語源

きんぴらの語源は、江戸の和泉太夫が語り始めた古浄瑠璃のひとつ『金平浄瑠璃』の主人公 坂田金平(さかたのきんぴら)の名前に由来する。
坂田金平は坂田金時(金太郎のこと)の息子という設定で、非常に強くて勇ましい武勇談として語られていた。
ごぼうの歯ごたえや精がつくところ、また唐辛子の強い辛さが、坂田金平の強さに通じることから、「きんぴらごぼう」という料理名が生まれた。
きんぴらごぼうと同じ作り方で、れんこんやにんじん大根、ヤーコンなどを材料にした料理も「きんぴら」と呼ばれるようになった。

きんぴらごぼうの語源には、坂田金平を演じる役者の髪型が、刻んだごぼうに似ていたことからとする説もあるが、「きんぴら」の付く言葉には「金平足袋」や「金平糊」などがある。
それらは「強さ」を表していることから、「きんぴらごぼう」だけが髪型に由来するとは考え難い。


TOP