取らぬ狸の皮算用/とらぬたぬきのかわざんよう

意味

取らぬ狸の皮算用とは、まだに入れていないうちから、それを当てにして儲けを計算したり、計画を立てたりすること。

取らぬ狸の皮算用の由来・語源

取らぬ狸の皮算用の「算用」とは、金銭など数や量を計算することで「勘定」の意味。
まだ狸を捕らえていないうちから、狸が手に入るものと決め付け、狸のがどれくらい取れ、その皮がいくらで売れるか儲けの計算をすることから、「取らぬ狸の皮算用」と言うようになった。
このことわざは、皮が取れる動物であらば何でも良いようであるが、を化かすと言われている狸を用いることで、まだ実現していないことを当てにして、計算する愚かさの強調にもなっている。
略して、「皮算用」と用いられることも多い。

「取らぬ狸の皮算用」の類語・言い換え

1

2

TOP