フクロウ/梟/ふくろう

意味

フクロウとは、フクロウ目フクロウ科のの総称。また、フクロウ科の鳥のうち、耳のような羽角をもつミミズクを除いたものの総称。ふくろ。

フクロウの由来・語源

フクロウの名は、奈良時代の『常陸国風土記』から見られる。
フクロウは陰気な鳴き声が印象的な鳥で、フクロウをいう方言には、鳴き声に由来すると思われる「ゴロチョ」「フルツク」「ホーホードリ」「ホロスケ」などがあることから、その鳴き声が語源と考えられる。

漢字の「梟」は、「」の上に「鳥」の略体。
これは、、フクロウの死骸を木の上にさらして、小鳥を脅していたことに由来する。

【関連リンク】
「フクロウ」と「ミミズク」の違い


TOP