付け焼き刃/つけやきば

意味

付け焼き刃とは、その場をしのぐために、にわかに覚えた知識や技術。

付け焼き刃の由来・語源

付け焼き刃は、刀鍛冶用語に由来する言葉
刀鍛冶用語では、切れ味の良くないに、鋼(はがね)の焼き刃を付け足したものを「付け焼き刃」といった。
切れ味が良く長持ちする刀は、何度も地金を打って作られるが、鋼を足しただけの付け焼き刃は、すぐに切れなくなり使い物にならなくなってしまう。
そこから、その場しのぎに覚えた知識や技術を「付け焼き刃」と言うようになった。


TOP