呑気/暢気/暖気/のんき

意味

のんきとは、性格がのんびりしているさま。無頓着なさま。

語源・由来

のんきを漢字で「暢気」「呑気」と書くのは当て字。
正しくは「暖」を「のん」と唐音読みした「暖気」である。
中国では「暖気(だんき)」と読み、暖かい気候を意味していたが、中世頃の日本では「気晴らし」や「遊山」の意味として「暖気(のんき)」が使われていた。
近世末期頃より意味が転じ、の気性を表す言葉として「のんき」が用いられるようになった。

類語・言い換え

気楽/安楽/能天気/楽天的/悠長/気長/楽観/楽観視/極楽とんぼ/おっとり/大らか/大様/鷹揚/悠々閑々/飄然/飄乎/後生楽/安気/悠々/悠然/悠揚/浩然/十三月なる顔つき/膝枕に頰杖/安閑/春風駘蕩/のほほん/まったり/のんびり/ゆったり/ゆっくり/ちんたら/おぽっぽ/うかうか/太平楽/太平/天下太平/ノンシャラン/ずぼら/ずべら/ずべら坊/無頓着

TOP
テキストのコピーはできません。