スケベ/助平/すけべ/すけべい

    意味

    スケベとは、好色なこと。また、そのようなや、そのさま。好き者。すけべえ。

    スケベの語源・由来

    スケベは漢字で「助平」と書き、本来の読みは「すけべい」である。
    「好き」を洒落て擬人化した「好兵衛(すきべえ)」が転じて「助平(すけべい)」となり、現代では「スケベ」と言うことが多くなった。
    「すけべい」は江戸時代に上方で使われ始めた語で、主に男性に対して用いられていたが、江戸中期には女性に対しても使われるようになった。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。