時雨/しぐれ

しぐれの意味

しぐれとは、晩秋から初冬にかけて、ぱらぱらと降ってはやむ、一時的な通り雨。

しぐれの由来・語源

しぐれの語源には、「しばしくらき(しばらくの間暗い)」や「しげくくらき(茂暗)」など、一時的に暗くなるところからとする説。
あらし)」の「し」や「かぜ)」の「ぜ」と同じく、「し」は「風」を意味し、急に風が強まったりすることから、「しくるひ(風狂い)」の転。
通り過ぎゆく一時的ななので、「すぐる(過ぐる)」の転など、この他にも多くの説があるが、正確な語源は分かっていない。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。