雨/あめ

意味

雨とは、上空の水蒸気が冷えて、水滴となって地上に落ちてくる現象。また、その水滴。

雨の由来・語源

雨の語源を大別すると、「天(あめ)」の同語説と、「天水(あまみづ)」の約転説になる。
古くから、雨は草木を潤す水神として考えられており、雨乞いの行事なども古くから存在する。
「天」には「天つ神のいるところ」といった意味もあるため、雨の語源は、上記「天」「天水」のいずれかであると考えられる。

【関連リンク】
「大雨」と「豪雨」の違い
「一時雨」「時々雨」「のち雨」「所により雨」の違い
「降水量」と「降雨量」の違い


TOP