埒が明かない/らちがあかない

    意味

    埒が明かないとは、事態が進展しない。問題が解決しない。

    埒が明かないの由来・語源

    埒が明かないの「埒(らち)」は、囲いや仕切りのことで、主に、馬場の周囲に設けた柵のことをいう。
    本来、「物事の決まりがつく」「かたがつく」などの意味で、「埒が明く(らちがあく)」と使われていたが、現代では否定表現の「埒が明かない」と使われることが多い。
    「埒」が進展の意味で使われるようになった由来には、加茂の競べ(くらべうま)で、柵が外されるのを待ちわびた一般客が言った言葉からとする説。
    春日大社の祭礼で、金春太夫(こんばるだゆう)が祝詞を読み終わるまで神輿の柵が開かず、一般人が中に入れなかったことからとする説がある。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。