レンガ/煉瓦/れんが

意味

レンガとは、粘土に砂・石灰などを混ぜ、型に入れて窯で焼いたもの。建築・道路舗装などに用いる。ふつうは酸化鉄を含む粘土を用いた赤煉瓦をさす。

レンガの由来・語源

レンガは西洋建築に多く見られることや、カタカナ表記されることが多いため、漢字の「煉瓦」は当て字と思われることもあるが、英語では「brick」という。
中国では紀元前5000年頃からレンガが建築用にされており、元は中国語である。

煉瓦の「煉」は「火」に「」ではなく、本来「火」に「柬」と表記する。
「柬」は「束(たば)」+「ハ印(わける)」の会意文字で、良い物と悪い物を選り分ける意味があり、「火」に「柬」で金属を溶かして精錬するといった意味がある。
煉瓦の「瓦」は屋根の「瓦」のことであるが、ここでは土を焼いて作った板を表す。
「煉」は漢音・呉音ともに「レン」と読み、「瓦」を「ガ(グヮ)」と読むのは漢音である。
古くは、「煉瓦石(れんがせき)」とも言い、「煉化石」と表記されることもあった。


TOP