摩訶不思議/まかふしぎ

意味

摩訶不思議とは、非常に不思議なこと。

摩訶不思議の語源・由来

摩訶不思議の「摩訶」は、「摩訶般若波羅蜜多心経」や「摩訶曼陀羅華」「摩訶曼珠沙華」など、仏教用語に多く用いられている「摩訶」である。
「摩訶」は、「偉大な」を意味するサンスクリット語「maha」の音写で、「大」「多」「勝」とも漢訳され、「大いなる」「非常の」「優れている」といった意味にも用いられる。
摩訶不思議は、「非常に不思議」という意味よりも、本来は「人知を超えた素晴らしさ」を意味する言葉であった。

摩訶不思議の類語・言い換え

不思議/不可思議/ミステリー/謎/不可解/面妖/奇妙/奇態/妙/奇怪/奇っ怪/奇異/怪奇/怪異/怪/奇/異/奇事/奇特/けったい/卦体/稀有/幻怪/神秘的/ミステリアス/神秘/神妙/霊妙/神異/マジカル/奇跡/ミラクル/物怪/霊異/あやかし/ファンタジック/ファンタスティック/奇奇/奇々怪々/奇妙奇天烈/奇妙頂礼/奇天烈/複雑怪奇/怪しい/不審/不自然/おかしい/変/へんてこ/へんてこりん/へんちくりん/妙ちくりん/妙ちきりん/妙ちき/異常/異様

TOP
テキストのコピーはできません。