しゃぶしゃぶ

意味

しゃぶしゃぶとは、料理の一種。薄切りにしたを熱湯にくぐらせ、が変わったら引き上げ、ポン酢ごまだれをつけて食べる

しゃぶしゃぶの由来・語源

しゃぶしゃぶは、大阪の高級肉料理店スエヒロが、昭和27年(1952年)にに出したのが始まりである。
この料理を開発した当時の社長 三宅忠一が、仲居さんがおしぼりをすすいでいる「ジャブジャブ」というと、の中で肉を揺らす様子を重ね合わせ、「しゃぶしゃぶ」と命名したもので、昭和33年(1958年)には商標登録もされている。
ただし、スエヒロが登録したのは、「スエヒロのしゃぶしゃぶ」と「肉のしゃぶしゃぶ」である。
野坂昭如の『エロ事師たち』(1963年)にも、「末広のしゃぶしゃぶ拾いながら重役がいう」と出てくる。
しゃぶしゃぶに使用する肉は牛肉が基本だが、現在ではなどの肉に限らず、魚介類を用いたしゃぶしゃぶもある。

「しゃぶしゃぶ」の別名・類語

1

2
TOP