帰国子女/きこくしじょ

帰国子女の意味

帰国子女とは、仕事の関係などで長年海外で生活し帰国した学齢期の子供。

帰国子女の由来・語源

子女には二通りの意味があり、「良家の子女」という際の「子女」は「」や「」を意味するが、「帰国子女」の「子女」は子供の総称で、「子」が「息子」、「女」が「娘」を表している。
「子」が「息子」を表すのはおかしいようにも思えるが、「子」が「男」を表す言葉には、「娘(むす+め)」に対する「息子(むす+こ)」、「乙女(をと+め)」に対する「(をと+こ)」、「王女」に対する「王子」などがあり、帰国子女の「子女」だけが特段変わった表現というわけではない。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。