他力本願/たりきほんがん

    意味

    他力本願とは、自分では何もせず、他人の力に頼って事をなすこと。他人任せにすること。

    他力本願の由来・語源

    他力本願は、浄土真宗の宗祖である親鸞聖人によって広められた仏教語。
    「他力」は「自力」の反意語となるが、ここでは「阿弥陀仏の力」を意味する。
    「本願」は阿弥陀仏が善悪を問わず、生命のある全ての存在を極楽浄土に往生させようとする誓願のこと。
    つまり、本来の「他力本願」の意味は、自分の修行の力ではなく、阿弥陀仏の本願の力によって成仏することである。
    しかし、「他力」を「他人の力」と解釈されることが多かったため、他人の力をあてにする意味で「他力本願」が使われることも増え、誤用と言われることも少なくなった。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。