泥酔/でいすい

意味

泥酔とは、正体がなくなるほど、ひどくに酔うこと。

泥酔の由来・語源

泥酔の「泥(でい)」は、中国の『異物志』に出てくる空想上の虫のこと。
「でい」は南海に住み、骨が無くてが無いとのようになると考えられている。
その様がひどく酔った状態に似ていることから、「泥酔」と言うようになった。
杜甫の詩にも「酔如泥」とあり、日本でも酒に酔った状態を「泥の如し」といった例が、平安時代頃の書物に見られる。


TOP