キザ/気障/きざ

    意味

    キザとは、服装や態度、言動などが気取っていて、嫌味であること。また、そのさまや、その

    キザの由来・語源

    キザは、漢字で「気障」と書くように、「気障り(きざわり)」を略した言葉である。
    江戸の遊郭で使われていた言葉であったが、近世後半から一般に広まり流行した。
    本来、キザは心配事や気にかかることを表す言葉であったが、気持ちに差し障りが生じる意味に発展した。
    そこから、相手の言動を不快に感じることや、気に障るさまを意味するようになり、気取っていて嫌味に感じる言動やその人を「キザ」と言うようになった。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。