グロッキー/groggy

グロッキーの意味

グロッキーとは、疲れてふらふらなさま。ボクシングで、強よく打たれてふらふらになること。

グロッキーの由来・語源

グロッキーは、英語「groggy」からの外来語。
「groggy」は、水割りのラム酒「grog(グロッグ酒)」に由来する。
さらに「grog」は、イギリスの海軍提督エドワード・ヴァーノンのあだ名に由来する。
提督は「gross grain(粗い目の織物)」の外套を愛用していたため、「Old Grog」と呼ばれていた。
1740年、イギリス海軍はコロンビアに攻撃を行ったが敗戦し、提督は部下の士気を高めようとを飲ませ、その酒は提督のあだ名から「grog」と呼ばれるようになった。
このグロッグ酒は強い酒で、飲むと酩酊状態になることから、疲れてふらふらしているさまを「groggy」と言うようになり、ボクシングで足元がふらついた状態も意味するようになった。

日本での「グロッキー」の意味の変化は、英語と正反対の流れになっている。
日本では、まずボクシング用語として「グロッキー」が取り入れられ、疲れてふらふらな状態も意味するようになった。
その後、泥酔状態をいう場合にも、「グロッキー」が用いられるようになっている。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。