ビワ/枇杷/びわ

    意味

    ビワとは、バラ科の常緑高木。中国原産。果樹として栽培するが、西日本の一部に野生種がある。

    ビワの由来・語源

    ビワが初めて文献に登場するのは、2世紀頃に書かれた中国の語学書『釈名』で、「推手前日批、引手却日把」とある。
    これは、枇杷の「批(琵)」と「把(琶)」の意味が演奏方法にあることを述べたもので、元々は楽器の琵琶が「枇杷」と表記されていたことがわかる文献である。
    植物のビワが「枇杷」と表記されるのは3~4世紀ほど後のことで、ビワの栽培が盛んになり始めた頃と通じ、ビワの形が楽器の琵琶と似ていることから付いた名と考えられる。
    ビワのの形が琵琶に似ているとも言われるが、形が似ているのは葉ではなくである。
    その他、ビワの語源には「ヒロハ(広葉)」の意味とする説もあるが、「ビハ(ビワの歴史的仮名)」が和語と誤解されていたため生まれた説なので間違いである。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。