篠突く雨/しのつくあめ

篠突く雨の意味

篠突く雨とは、地面に叩きつけるように激しく降る大雨。

篠突く雨の由来・語源

篠突く雨の「篠」とは、細くて群がって生えるや笹の総称「篠竹」のこと。
「篠突く」は、篠竹を束ねて突き下ろすように、細かいものが集まって飛んでくるさまをいう。
激しく降る大雨は、篠竹を束ねたものが落ちてくるような光景となることから、の激しく降るさまを「篠突く雨」と言うようになった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。