けんもほろろ

    意味

    けんもほろろとは、の頼みや相談などを無愛想に断るさま。取り付く島もないさま。

    けんもほろろの語源・由来

    けんもほろろの「けん」は、「けんどん(慳貪)」の「けん」や、「けんつく(剣突)」の「けん」にキジの鳴き声の「けん」を掛けたものと言われる。
    しかし、つっけんどんなさまを「けんけんと」と言っていたことから、「けんけんと」とキジの鳴き声「けんけん(ケーンケーン)」を掛けたと考える方が妥当であろう。
    けんもほろろの「ほろろ」は、キジが羽ばたくときの羽音と考えられており、これを語呂よく「けん」に付けて「けんもほろろ」となった。
    「ほろろ」をキジの鳴き声とする説もあるが、「けんけん」と無愛想に鳴きながら「ほろほろ」と羽音を立てて飛び去るさまと考えた方が、言葉の意味に近いと思われる。
    また、キジの鳴き声を「ほろろ(ほろほろ)」と表現するのは、羽音を「ほろほろ」と表現したことから転じたもので、元々擬声語ではない。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。