嘯く/うそぶく

嘯くの意味

嘯くとは、とぼけて知らないふりをすること。ホラを吹くこと。偉そうに大きなことを言う。豪語する。

嘯くの由来・語源

うそぶくの「うそ」は、鳩などを呼ぶの口笛のことで、本来、嘯くは口笛を吹くことを意味した。
嘯くが現在の意味に転じたのは、の「ウソ」の鳴き真似をすることからという説。
この口笛は、本物の鳴き声ではないという意味からとする説。
をついた時に、口笛を吹いてごまかそうとする仕草からとする説がある。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。