ホラ吹き/ほらふき

ホラ吹きの意味

ホラ吹きとは、物事を大袈裟に言う

ホラ吹きの由来・語源

ホラ吹きの「ホラ」は漢字で「法螺」と書き、法螺貝に細工をした吹奏楽器のこと。
法螺貝は、山伏が山中での連絡や除けに用いたり、軍陣が進退の合図に使用されたもので、見た目以上に大きなが出る。
そこから、予想外に大儲けをすることを「ホラ」と言うようになった。
さらに、大袈裟なことを言うことを「法螺を吹く」、そのような人を「ホラ吹き」と呼ぶようになった。
また、法螺貝は重要な法具として法会に用いられていた楽器なので、の説法の盛んな様子も、法螺吹きに喩えられている。

法螺貝の楽器で法螺吹き

法螺貝の楽器で法螺吹き

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。