ナス/茄子/茄/なす

意味

ナスとは、ナス科の一年草。熱帯では多年草。インド原産。古くから栽培され、高さは約80センチメートル。形。からにかけ、淡紫色を開く。果実は倒卵形・球形・長形などで、果皮のは普通暗紫色。西日本では「なすび」という。

ナスの由来・語源

ナスの語源は諸説あるが、元々は「なすび」と呼び、室町時代の女官に「おなす」と呼ばれるようになり、いつしか「ナス」という呼名が一般化したところまでは共通である。
諸説ある語源の中で、夏にとれる野菜「夏の(なつのみ)」から、「なすび」になったとする説が最も有力とされている。
他には、「中酸実(なかすみ)」の「か」が省略され転じたとする説。
「生実(なすみ)」が転じたとする説。
「夏味(なつみ)」が転じたとする説などがある。

「ナス」の別名・種類

1

2

TOP