あざとい

意味

あざといとは、やり方が露骨で抜け目がない。あくどい。小利口である。思慮が浅い。あさはかである。

あざといの語源・由来

あざといの「あざ」を「浅(あさ)」とする説があるが、「浅」が「あざ」と濁る例はない。
あざといには、「やり方があくどい」「あさはか」といった意味のほか、関西では「あどけない」の意味でも使用例があり、これらの意味に通じる語の「あざる(戯る)」を語源とする説がよい。

あざといはを漢字で「小聡明い」と書くが、意味からの当て字で一般的な表記でもないため、普通はひらがな表記にする。

「あざとい」の類語・言い換え

1

2

TOP