テントウムシ/てんとう虫/天道虫

意味

てんとう虫とは、テントウムシ科の昆虫の総称。または、テントウムシ科のナミテントウ。

てんとう虫の由来・語源

てんとう虫は漢字で「天道虫」と書き、「天道」は「太陽」のこと。
この虫は枝などの先端まで登って行って、行き場がなくると上に向かって飛び立つ習性がある。
それを見た民衆は、お天道様(太陽)に向かって飛んでいったのだと考え、「てんとう虫」の名がつけられたといわれる。

てんとう虫の漢字には、「天道虫」の他に「紅娘」と「瓢虫」があり、いずれもこの虫の姿をたとえたものである。
「紅娘」は、紅色で小さいところから。
「瓢虫」の「瓢」は、「ひょうたん」のような形をしているところからである。

「てんとう虫」の別名・種類

1

2

TOP