トンボ/蜻蛉/とんぼ

    意味

    トンボとは、トンボ目の昆虫の総称。胴は細長く、大きな複眼と二対の透明なをもつ。幼虫はヤゴと呼び、水中に棲むが不完全変態で、成虫・幼虫ともに害虫を捕食するため益虫とされる。

    トンボの由来・語源

    トンボの最も古い呼称は、奈良時代の「アキヅ(秋津)」で、その後「セイレイ・カゲロフ(蜻蛉)」、「ヱンバ(恵無波)」の語が現れる。
    古くは「トンバウ」の語形で、平安末期には「トウバウ」「トバウ」などが見え、江戸時代から「トンボ」と呼ばれている。
    語源は「トン」が「飛ぶ」、「バウ」が「」の意味で、「飛ぶ棒」が変化したという説が多く、この虫の印象から正しいように思える。
    しかし、「バウ(棒)」は漢語、「飛ぶ」は和語で、漢語と和語が結び付けられることは、時代的に早すぎるため考え難い。
    「トン」は「飛ぶ」の意味であろうが、「バウ」は「バウ(棒)」ではなく、和語である「ハ(羽)」の変形と考える方が良いであろう。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。