棚卸し/店卸し/たなおろし

棚卸しの意味

棚卸しとは、決算や整理、毎月の損益計算のために在庫の商品・原材料・製品の種類・数量・品質を調査し、価格を評価すること。他人の欠点をいちいち数え上げること。

棚卸しの語源・由来

棚卸しは文字通り、棚から品物をおろすことで、近世には、正月上旬の吉日や七月に、棚に上げておいた品物をおろして調べられていた。
棚卸しの「卸し(卸す)」は、「下ろす」と同源である。
「店卸し」とも表記するのは、商品棚を「」とも表記するためで、「店棚」を表す場合に多く使われる。
棚卸しは品物をひとつひとつ調べることから、普段の行いを調べ上げる意味でも用いられ、転じて、他人の欠点を数え上げる意味にもなった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。