ランドセル

ランドセルの意味

ランドセルとは、小学生が背中に背負うかばん

ランドセルの由来・語源

ランドセルは、背負いかばんを意味するオランダ語「ransel(ランセル)」が転訛した語。
幕末時代に兵士の「背嚢(はいのう)」として輸入された、製のリュックサックのようなものであった。
この語が一般に定着する以前は「ランドセイル」とも呼ばれ、「革袋」を「ランドセル」と読ませた例も見られる。

ランドセルが通学用かばんとなった由来は、明治18年(1885年)、学習院が馬車や人力車での通学を禁じた際、学用品や弁当などを入れて通学させたことによる。
2年後の明治20年(1887年)、内閣総理大臣であった伊藤博文が、皇太子殿下(大正天皇)の学習院初等科入学を祝し、箱型で製の頑丈なランドセルを特別に作らせ献上したものが、現在のランドセルの原型となっている。
全国の小学校にランドセルが普及したのは、昭和30年代以降である。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。